阪神、金本監督辞任へ。

おそらく今季限りで辞めるだろうとは思ったのですが、甲子園最終戦でのスピーチでは反省の弁を述べるのに留まったので、このまましれっと続けるつもりなのかなとも思ったのですがね。さすがの鉄人も、人の子と言ったところでしょうか。集大成の3年目での最下位転落は本当に悔しい思いでしょう。道半ばでしょうが、とにかく3連間、お疲れ様でした。

監督業は政治に似ている。トップが居て、就任してからのコーチ陣の配置が組閣で、選手たちである国民を動かす。いくらトップが優れていても、コーチ陣との連携が出来ないと、選手には伝わらず混乱を招く。そうなると修正は難しい。だからこそ、意思疎通の図りやすいコーチを集めるお友だち内閣となりがちな気がします。

阪神の場合は、権限を監督に集中させすぎた結果、監督に進言できる、いわゆる小言を言う人間が側に不在。道のりを誤ったまま、そのまま突き進んだ結果が今年の最下位転落に繋がった気がする。

逆に、巨人は兼任コーチの肩書はあったが、引退即監督就任の経験不足を補う為に、前任コーチらが多く留任したが、最後の最後まで監督のカラーが見えないまま、現場を去ることになった。バランスというのは実に難しい。

老舗の強豪球団の監督となると、育成といいつつも常勝、即ち結果が求められる。それは地方球団であるカープなどとは比較にならないほどの大きなプレッシャーだったことでしょう。選手としては間違いなく申し分ない成績でしたが、それと監督の適性があるないは別問題。球団と監督候補の双方を不幸にしない為にも、安易に人気選手に飛びつくのではなく、真摯に監督候補を考える必要がある。

それらをふまえてと阪神の後任は一体誰が適任なのか。前年まで二軍監督だった掛布氏や、現在二軍の矢野監督の名前があるようです。他球団の監督経験者の星野氏やノムさんを招聘したような思い切った手を打って来るのか。そういう流れでは、ミラクルCで落合前中日監督の名前が出てくるも面白いところではある。

だが、個人的に選手たちの性格など熟知している人の方が、チームを立て直すには即効性もあると思います。だが、阪神がもっと危機感を持っていて、大きくチームを変革したいと思うなら、外部からの新しい風でチームの改革を狙うのか。阪神球団はどちらの選択をするのかで本気度が図れる気がします。

それにしてもこの騒動のせいで、オリックスの新監督である西村監督就任がめっきり薄まってしまったのが残念。人気球団である驕りかは分かりませんが、フランチャイズが近いだけに、配慮も必要ではなかったのかと残念な気持ち。中日も与田氏の就任が決定するなど、ストーブリーグの過熱ぶりから目が離せない場末書店の店長でした。

Number(ナンバー)962号V3から日本一へカープの花道。(SportsGraph600円

Amazon

クリックして頂ければ、幸いです。

にほん