鹿児島のバラ寿司(ちらし寿司)

鹿児島県は竹林の面積が日本一。 1.鹿児島 2.大分 3.福岡 食用のタケノコの種類も豊富で多くの料理に使われている。 調理道具も竹で作られてきた。 古くから、鹿児島ではバラと呼ぶザルでちらし寿司を作ってきた。 なのでちらし寿司のことをバラ寿司ともいう。 炊いたご飯をバラに入れたら寿司酢をかけて具材のタケノコ、ニンジン、ゴボウ、干ししいたけ、干しダイコンなどもバラに入れる。 そしてバラを振って混ぜ合わせる。 蒸気がバラの間からも抜けるため、早く冷ますことができる。 最後に錦糸卵などを飾り付けて完成。 入学、卒業、誕生日、何かあるとちらし寿司でお祝いする。 お祝い事はすべてちらし寿司。 祝いの席で家族みんなで食べる。 鹿児島のバラ寿司(ちらし寿司)は、さつま揚げが入るのが特徴。 さつま揚げは「つけ揚げ」ともいう。 これは油に漬けるから。 油は当時は貴重品で灯りにしか使えなかったが、 鹿児島はシラス台地で菜種油がたくさん採れるので料理にもぜいたくに使えたようだ。 また魚介類\xA4

❹燭唎気鶻佑譴襪里任垢蠖箸砲靴凸鈇罵箸欧匿¤戮討い拭\xA3 さつま揚げは島津斉彬の時代に琉球から伝わった。 価格:10000円(税込、送料無料) (2018/10/6時点) 価格:2380円(税込、送料無料) (2018/10/6時点)  へ戻る