もやる

もやもやその2。あるいは、その3かその100。

これも、某小学校で。

かばんにつけていたキーホルダーで、怪我をした子がいたそうだ。

で、キーホルダーやお守りの類一切をかばんにつけることを学校が禁止にした。

たかがキーホルダーなので、もちろんつけなくたって構わないから従うけどモヤっとする。

キーホルダーやらチャームやらのじゃらじゃらが、かばんや傘や鍵や服や耳やそこら中についていることは、普遍的な事象で、なんらおかしくはない。

それに対して、自爆だかとばっちりだか知らないが、そういったもので怪我をすることの方は稀である。

起こる可能性の低いアクシデントなら運が悪かったねで終わることだし、不注意の要素があるなら気をつけようねとなるし、

問題はキーホルダーではない。

不要なもので怪我をしたなら不要なものの一切を排除しよう

となったのだろうが、おかしくないか。

じゃらじゃらが色なところについているのは世の常であり、それで怪我をするのは常ではないレアケースだが、

レアケースのために、さしておかしくも悪くもない普遍的な事象の排除と禁止。

それだったら図工の彫刻刀とか糸鋸を強制するのやめたら?

あれ不器用な子には危ないし、人生で習得するべき項目でもなければ生活上にありふれた普遍的事象でもなく、多くの人が学校で触ったきりだったりしないか?

あれの怪我はキーホルダーの怪我よりは多発するだろうよ。組体操とかも危ないよね。

餅を喉に詰まらせて死ぬことのほうがありふれていて、むしろ毎年恒例の風物詩的アクシデントだったりするのに、こんにゃくゼリーで窒息するレアなアクシデントばかりを眉をひそめて槍玉にあげてるのと似てる。

(うちの8歳が餅詰まらせて死んだら同情されて、こんにゃくゼリー詰まらせたらこんにゃくゼリーを与えた私が責められるんだろう、気の毒なマンナンライフ)

キーホルダーの件は、とりあえずわけわからん方向でも対策を講じましたってことにしたいだけじゃないの。