真気功ヨガ復習会治臓術練習会2018年8月

京都サロンにて

真気功ヨガ復習会治臓術練習会

に学ばせていただきました

午前の部では筋トレで

しっかり体を動かしました。

色なところが

プルプルしてキツくても

ZeroSutraの音読で

思うように体が動かなくても

みんなでトレーニング

できることが嬉しくて楽しい〜

最近ひとりでのトレーニングが

楽しくなくて

困っていたので

自他不二トレーニングの

ありがたさをすごく感じました。

宝水さんの精神と時の部屋では

お互いの共通テーマを

自他不二で浄化していただきました。

女性としての自分を認める。

その言葉を聞いた瞬間

涙がボロボロ止まらなくなりました。

女性として生まれたことを

受け入れられていない自分に

気づきました。

育った家庭環境の影響で

私にとって

女性であること

女性らしく生きるということは

男性の意見に

従わなければいけない。

自己主張をしてはいけない。

相手を優しく

受け入れなければいけない。

いつも一歩引いて

慎ましくいなければいけない。

こうしたイメージが強くて

女性らしくあろうとするほどに

窮屈でたまりませんでした。

男性に生まれていたら

もっと自由でいられたのに。

心の奥底に封印してきた

素直なきもちに気づいて

こっそり泣いていたら

光さんが何でやろ。泣けてきた〜

とおっしゃったので

すみません、私です〜

といって一緒に泣きました。

涙も自他不二。

嬉しかったです。

午後からの治臓術練習会では

任脈と督脈を

整える練習をしました。

ペアの方の任脈や督脈が

喜ぶスタンスとして

女王のように

偉そうに施術するよう

アドバイスをいただきましたが

どうしても慎ましやかな女性を

気取ってしまいます

相手の幸せや喜びのために

自分が変わる。

頑固な私には難しいけど

がんばろうと思いました。

帰りはさくらん

しっかり者のあやちゃんと

おしゃべりしてると

ギューって抱きしめたくなります

私はユッキーなさんに

ギューってしてもらいたかったけど

お店が忙しかったので

私には自分の足で立って

がんばることが必要なんだなぁって

宝水さんに痛い痛いされても

ハイヤーとつながって

高次元を貫きますと決意した感覚を

思い出しました。

最近ひとりでいるのが

さみしくて

今までの私になかった感覚なので

すごく戸惑っていますが

人と一緒に過ごせる時間が

すごく嬉しくて楽しいし

人を愛しいと思う気持ちが

大きくなりました。

好き嫌いは小さくなりました。

おどろきの変化です。

あゆさん宝水さん

一緒に学ばせていただいた皆さま

ステキな学びを

ありがとうございました