舞妓写真本物舞妓志願者への説明京都先斗町ぽんとちょう歌舞会2017年鴨川をどり

舞妓写真本物京都

先斗町ぽんとちょう歌舞会

鴨川をどり2017年5月お客様の出迎え

毎年5月上旬〜中旬前半ぐらい

撮影ポートレートスタジオファイン

日本の花街かがいでの

舞妓芸妓芸者について、

若い人や海外への情報発進を

目的としています。

日本女性に対する誤解や偏見を

解消したいと考えています。

京都の舞妓ですが、京都出身は1割以下で、

出身地は全国です。

意外に多いのが関東出身者です。

厳しい修行の世界ですが、

けっこうがんばっているようです。

置屋とか、お茶屋とか、

子供にとって知らない世界なので、

花街について、説明します。

もっとも重要なのは、志望者本人の

舞妓になりたいという強い意志です。

先斗町歌舞会ぽんとちょうかぶかい

鴨川をどりサイト

TOPに大きな画像を配置したため、

見ることができるための時間がかかる

舞妓写真本物京都先斗町ぽんとちょう歌舞会

鴨川をどり2017年お客様のお出迎え

舞妓写真本物京都先斗町ぽんとちょう歌舞会

鴨川をどり2017年お客様のお出迎え

舞妓写真本物京都先斗町ぽんとちょう歌舞会

鴨川をどり2017年お客様のお出迎え

舞妓写真本物京都先斗町ぽんとちょう歌舞会

鴨川をどり2017年お客様のお出迎え

舞妓写真本物京都先斗町ぽんとちょう歌舞会

鴨川をどり2017年お客様のお出迎え

本物の舞妓は綺麗でしょ。

鴨川をどりは毎年、5月の上旬から中旬にかけて、先斗町歌舞練場で開催されます。

チケットを事前購入しましょう。

先斗町歌舞会ぽんとちょうかぶかい

鴨川をどりサイト

ネットの舞妓写真の大部分は、

本物ではなく、舞妓体験舞妓変身をしている一般女性の写真です。

もしかしたら、9割以上かもしれません。

京都のには5つの花街かがいがあります。

祇園甲部、宮川町、上七軒先斗町祇園

です。

同じ京都の花街でも、それぞれ独立しており、

歴史的経過や花街の景観雰囲気が

微妙に違います。

実際にどこかの花街に応募する場合は、

応募者により、向き不向きがありますので、

おおきに財団に相談するといいでしょう。

私のサイトやブログでも説明しています。

舞妓芸妓はお茶屋でお客様のおもてなしをします。お茶屋は一見さんお断りの紹介制です。

一般観光客が舞妓芸妓に会うことは

場所が限られた花街の中で、

期間が限られたをどり、お祭り、イベント

ぐらいしか、機会がありません。

お茶屋、置屋おきや、仕出しで

花街を構成しています。

お茶屋は一見さんお断りの紹介制の世界で、ごく限られた人が利用しており、一般人の資力ではかなり高額です。

紹介制のお茶屋が中心ですが、舞妓芸妓は料亭や旅館で踊ったり、お座敷を務めることがあり、最近ではイベントに出場することもあります。

花街が贅沢をしているのではなく、

舞妓の衣装は高価、装飾品は季節や月により替わる、

仕込みや舞妓のさまざまな習い事の稽古代、

毎週1回は専門の美容室で髪結い、

公共交通に乗ったら取り囲まれますので移動はタクシー

何事についても金がかかっています。

舞妓は、習ったことを、着飾って、お客様に披露して、おもてなしをしているのです。

お茶屋だけでなく旅館料亭のお座敷やパーティやイベントなど、

舞妓芸妓の仕事も広範囲になりました。

習うことは日本舞踊、三味線鼓、長唄清元、

茶道、華道などものすごく多いのです。

日本舞踊ができなければ舞妓と言えないでしょう。

客のほうでも、きれいな女性の踊りをみたり、

話をしたり、お酌してもらうためには、

応分の負担は必要でしょう。

置屋義理のお母さん兼プロダクションの社長が舞妓をひとり育成するのには、どこかの歌劇団みたいに、授業料をもらうのではなく、稽古代、衣装代、生活費はすべて置屋が出すのですから、舞妓が稼いでくれないと置屋はたいへんです。やがて芸妓として独立させるのです。

舞妓芸妓花街を支援するおおきに財団友の会の会員になると、紹介者がいなくても、各花街のをどりや五花街合同公演、五花街の夕べ、おおきにパーティー、舞妓撮影会あっという間に定員になるなどに参加することができます。

年会費の他に、参加費を払うものと招待のものがあり、全部を参加すれば、元がとれます。京都に行くための交通費や宿泊費がかかります。現在は外国人観光客が多く、京都のホテルはシーズン中は満杯です。

私は写真撮影禁止となったので、3年間ぐらい中断しましたが、10年ぐらい前から友の会の会員です。

私にとっては、どこかのお茶屋のおなじみになるよりも、すべての花街のをどりを鑑賞できて、毎回違う高級料亭旅館や一流ホテルで会合がある、おおきに財団友の会の会員の方が向いています。

お茶屋については、ひとつの花街で、一軒だけにするのがしきたりだそうです。花街とか、お茶屋とかは、秘密厳守です。お茶屋の門前で、宝塚歌劇団ではありませんので、舞妓芸妓の入り待ち、出待ちは絶対にやらないようにしましょう。

ギオンコーナーとか、特定旅館のプランとか、各種の行事やイベントでないと、一般観光客が本物の舞妓や芸妓に会うチャンスはありません。お茶屋でのおもてなしが本業ですから。

リーマンショック民主党政権東日本大震災後の自粛により、花街の舞妓芸妓の人数は大幅に減少してしまいました。

現在は、京都の花街の舞妓芸妓の総数は、宝塚歌劇団の生徒数よりかなり少ないようです。

2014年から2015年頃に自民党政権になり、景気が回復して、花街の賑わいが復活しています。都内近郊の観光客の誘致、東京出張などもやりました。

先斗町は現在は舞妓の人数が少ないのですが、舞妓希望者の募集をして、仕込みさんはいるようで、おそらく舞妓の店出しが続くだろうと聞いています。

先斗町、おとなりの木屋町は、

お茶屋だけでなく飲食店街で、

夏には鴨川の川床で飲食ができます。

おおきに財団京都伝統技芸振興財団

花街を理解して、支援する会員を募集中です。

特典がありますので、参加すればお得です。

舞妓志望者の相談も受け付けています。

京都の五花街はそれぞれ特徴があり、

志望者によって向き不向きがあります。

おおきに財団に相談する事をすすめます。

花街は憧れだけでは務まらない、厳しい修行の世界です。

いまだに誤解や偏見があります。

授業料生活費はかかりません。

置屋が負担して育ててくれます。

中学卒業直後が舞妓志望の適齢期です。

宝塚歌劇団の応募可能期間とほぼ同じか?

親は承諾するだけでよく、経済的な負担はかかりません。

置屋のお母さんが親代わりですので、舞妓の間の給料はおこずかい程度と聞いています。舞妓は置屋の義理の家族です。

仕込みの時期は下働きであり、雑用を引き受ける人生修行です。

本人の能力差や花街の諸事情により、仕込みの期間が最低半年から原則の1年程度と差があるようです。

ギオンコーナー、定期バス観光、特定旅館の舞妓プラン、舞妓の写真撮影会では、一般観光客でも会うことが可能でしょう。

舞妓芸妓は花街の内部では、ごく限られた時間帯に徒歩で移動する事はありますが、舞妓芸妓姿で公共交通に乗ることは不可能であり、原則的にタクシーをつけ払いで利用しているようです。

舞妓体験の写真は、けっこう上手く撮れているし、美人が舞妓姿をしているのであれば、それはそれでいいのでしょう。

私はそのような楽しみ方を否定していません。

見る人が見れば、本物と、偽物は、

すぐわかります。

舞妓の所属置屋までわかります。

舞妓や芸妓には、一般的に、

凛とした美しさと、品の良さがあります。

写真にさまざまな文字を入れたのは、

花街の広報に役立ちたいと考えたことと、

写真を悪用されるのを恐れてのことです。