がっつりエビ捕り - 浜名湖辺り

本日はエビ捕りへ

最近お気に入りの用水路が有るんですが

いつもいつもそこばかりではね〜

初心に返りメインのエビ場へ

ここは好きな場所なんですが結構深いですし増水に弱いんですよね〜

ガサガサしまして

数的には多くないんですが、まあまあですかね?

これで帰ろうかと思ったんですが

最近行ってない別のエビ場も覗いて見る事にしますね〜

ここも久しぶりのエビ場

長靴での十分できる場所なんですが、クモが多いんでウエーダーで望みます

歩くとエビがピンピンが跳ねるんで

網入れする前からエビの多さが分かりますわ

一網大漁

こんなに居るんなら最初からここにすれば良かったよ

何度か網入れして

自身も驚いく大漁収穫

過去最高の捕れ高かも

ポイントはまだまだ有るんですが、これ以上捕っても生かしておけないかも知れないんで強制終了〜

にほんブログ村

過去の餌場をもたまにはチェックしないとね!

ヨーロッパを1周しても・2 - 月のぬくもり、星のなみだ。

ネムーンへ行くのなら

ヨーロッパへ行こう

ある時期

ヨーロッパを一周しても

彼のハートは掴めないものだと

思いこんでいたから。

“外国指向”    ‘18-10-16 - massy-academy

★Massys Opinion

・最近の日本は、超高齢化と人口減少で移民を多く迎え入れようとか、入国後の生活のしやすい環境を作ろうとか、色々な議論が行われている。

政府の発言も僕らはテレビ、新聞、ネットの媒体を通じて知るのみだから詳しい事は解らないが、身の回りを飛び交う話から世界の中の日本を考えて見よう。僕が海外に目を向けるようになったのは、一番大きいのは矢張り太平洋戦争だったと思う。その前に支那事変があるが、本当に身近に外国を感じたのは、太平洋戦争に敗戦し、米国が駐留してきた事だろう。

・それから、急速に外国に目を向け欧米に追い付け、追い越せの風土が高まり今日の日本に至ったのだ。人口減少で外国から移民を受け入れようとしているが、安倍さんは遠い将来を考えて居るのだろうか?如何もそんな風には感じられない。僕は、幸か不幸か成蹊には3年お世話になり、慶応にもお世話になった先日も僕と同じような過程を踏んだ友人と「お前よう、成蹊は良い学校だったな...」「うん、本当にいい学校だったな一学年4組位しかなく、家庭的だったよな」「成蹊と慶応と余り校風が変わらなかったのも良かったんじゃないの」「でもね、学校変わっていろんな事を覚えたでしょう」「うん、そうだな、そして良い友達が出来たよな」「安倍さんは学校変わらないからダメなんだよ...」「僕たちの時代には旧制成蹊高校から東大に行った人が多かったよな」って言うような話をした友人が居たが今年に入って亡くなってしまった。

・今この年令になって進学について考えて見ると、親父の意向が強かったのか、お袋の意向が強かったのか、解らないが多分親父の意向が65%位だったように思う。戦後、アメリカ文化が魅力的でラジオはWVTR=FEN(今のAFN)ばかり聞いていて「Hawaii Call」や「One Night Stand」は必ず聞いて居たものだ。然し、アメリカに行って見たいとは思ったが、生活しようとは考えなかった。中学の英語の教科書「Jack &Betty」の中に「World Is Glowing Smaller」と言うのが出ていたが、「地球が小さくなるってどういう事?」と随分考えたことが良く思い出される。今、正にそう言う時代になって来ている。

・そして、僕の中学時代に芽生えていた海外に対する興味が、今の外国人との接点に成って居るのかも知れない。1970年頃、自動車の部品商から喫茶店に商売替えをしたが、幸い店は流行った。いつも零細企業は人手不足これは矢張り低賃金によるのだろう。止むを得ず外国人のアルバイトを使うことにした。初めての子はマレーシアから日本語学校に来た女子だった。見ず知らずの子を使う訳だったが面接のときお姉さんが同行し、上智大に行って居ると言う事で採用した。日本語学校に1年半居て、卒業して中央大に入った。当時の日本語学校は寮とは名ばかりで8畳に12人位を泊めている様な状況で、酷い物だった。日本語学校を卒業して大学に進むとなると保証人が必要になる。皆、それで困ってしまう。結局は僕が保証人になって上げるしかなくなって、金銭的な保証なのか?何の保証なのか?入局管理局に聞きに行った。保証人の資格は、年収600万(当時)以上の人で身元の保証だけだと聞いて、「いい学生さんもいるから、保証人になって上げて下さい」と係員の女性に言われた。それ以来20人位保証したかな?2年間我が家にステイした子もい\xA4

襦◀海了劼和耋竸佑世⓰貲嘻瓩丨討盖ゟ颪靴覆い里如△ĺ譴気鵑ⅺ看曚靴橡紊汎鷽佑撚罎⓲箸頬❹佑突茲拭7覿\xC92週間泊って行った。僕は会社、ワイフは店、二人とも朝早く家を出てしまう。お袋と犬だけが留守番言葉は両方とも話せないし、凄く心配だった。でも最後はそのお母さんが炒め料理を作ってくれて「謝謝」と言って帰国した。この子は「郭」と言う。前記したマレーシアの子は「陳」と言う。マレーシアから男の子で「Chen」と言う子も2年位家に居た。お袋がとても可愛がり、ある時、お年玉に3万円も上げてしまった。Chenがお祖母ちゃんから「こんなにお年玉を貰ってしまったが、3000円だけ頂きます」と言ってきた。この時からお袋のボケがハッキリしてきたのだ。

・留学生との交流で色んな事を知り、僕の海外指向は余計に強まってその後のLPG車の台北の講習、北京、上海、広州、福州、香港を回るタクシーキャブの売り込み、ヤンゴンへの350台のタクシー中古車の輸出等、日産の最後の戦いを挑むことに成ったのである。

・さて、こんな外国人留学生との関係で、付き合いの輪が広がった。ミヤンマープロジェクトの時は通訳が必要になりミヤンマー大使館に通訳の紹介を頼んで、当時大学生のTと知り合った。彼は日本で生活をしたいと言うので、僕の会社で採用することにした。もう一人慶応工学部大学院に北京から来た学生も色々お世話したが彼は工学部だけど折角慶応に入れたので、「経済」も勉強したいと言うので「慶応読書会」に特別に入会させて貰った。優秀な学生だったし工学部で触媒を専門にしていたので、就職は大丈夫だろうと思ったら、「松下」「三洋」等大手の就職試験で不採用になってしまった。実際には外国人学生の就職は難しかった。結局、中国人同志でソフトの会社を起こし10年位務めていたが、その後、Adobeに入り、今はAdobeサンノゼ本社に勤めている。北京に行った時、岩谷産業の事務所にお世話になったが、そこの事務所の女性は、日本語が素晴らしく巧かった。「日本何処に行って居たの?」と尋ねたら、「日本には、行って居ません」と言う。岩谷の人に聞いたら、「日本に行った人は、悪い事ばかり覚えて来るので、使わない」「日本語はこちらで

十分に覚えられますよ」と言う返事だった。 こんな経験から、外国人の雇用は本当に難しいと思う。政府の偉い人たちは外国人雇用の難しさを本当に解って居るのだろうか?今、この時代から時を経て、僕の関係した留学生の子供達が大学生に成り、親たちは殆どそれぞれの国で良い生活をしている。そして、子供たちを留学させる時期に成って来た。日本に長期留学させようと言う親は残念ながら一人も居ない。この25年間でそれだけ日本の存在価値が世界では薄くなっている。ハワイ、ブラジル等日本の移民が沢山行った時代もあった筈である。東南アジアから労働力不足を補うために移民の受け入れをしようと言っても、一番低賃金の職種の人手不足を補おうと言う事だけでは、良い交流は生まれない。前記した僕の知っている外国人が子供を何処の国へ留学させようとしているか?具体的に記してみよう。

・Mrs, Tマレーシア 本人 中央大学卒 ご主人留学経験なし 長女イギリス、長男イギリス イギリスでも離れた場所で独立心を持たせたい。

・Mr,C マレーシア 本人 立命館卒  奥さん近畿大 現在ホンコン在住 長男 カナダ (家庭教師二人付けていた)

・Mr,Z 中国人   本人 慶応大学院卒 奥さん中国人明大卒 子供は小学校はアメリカ 将来未定

・Mrs, 台湾人   本人 青山学院卒  長女 台北の大学と短期交換留学で千葉工科大

色々聞いてみると、子供本人の外国指向が70% 経済問題が15% その国の安全性が15%位か...残念ながら最近では日本に来たいと言う声は殆どない。